QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
tedmans
tedmans
Tedmans オリジナルクローズ/古着/アンティーク/雑貨/
               靴/楽器/バイクモディファイ/シルクスクリーン
               プリント/裾上げ、リメイク/デザイン
               音楽スタジオ comming soon!
横浜市戸塚区戸塚町51番 協和ビル 2F
営業:12:00〜20:00 (年中無休)
TEL & FAX 045-866-3995
e-mail: teddy@tedman.net
http://www.tedman.net
オーナーへメッセージ

2011年04月16日

SR400カフェレーサー ロケットカウル加工!

段々と先が見えてきた。本来ならペイトンプレイスなど、高級なロケットカウルならすぐにSRにポン付けできるところだが、依頼者の意向で
暴走族が使うロケットカウルを加工して取付ける事になった。
もともと着いていたヘッドライトを使うのだが、届いたロケットカウルの穴がライトよりデカイのと、ステイが短いのでライトがカウルより
突出してしまい旧車みたいになってしまうのでFRPを足してぴっちりくるように加工してみることにした。
まずはヘッドライトを停めるステイを延長してシックリくるところまでカウルに入れこんだところを周りにFRPを流し込む為のベースに
発砲ウレタンを吹いてみた。




これをややくり抜き、FRPを流しこむ溝を作り固まったらヘッドライトを外して好きな形に削っていく。
ライト側にアールをつけて削って行ってパテで修正してサーフェイサーを吹いたのがこれだ!




ロケットカウルの固定はゾーッパナと言われる物をカットしてフレームに三角の金属をはさんで角度をなるべく平に固定した。

あとは、カウルのサイドをどう固定するか悩んだが、ちょうどタンクしたに筒状の貫通した穴があったのでそこへ6mmのネジ棒の上に
ステンレスの筒を2本重ねて両サイドのカウルに穴をあけてボルト止めする事ができた。




フレームを覆ってくれる純正シートを加工してテールをややポッコリ改造しているのがオークションに出ていたので、オーナーがWMの薄いシートでフレームが丸見えになって気になっていたことを解消してくれた。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。